Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
スポンサーサイト
2012/06/17

一定期間更新がないため広告を表示しています


STEP力
2012/06/04 04:52
先月末に発行になりましたSTEPに
味彩の記事を載せました!
その内容はランチの味彩御膳の事を
中心に書いてもらい
その詳しい内容は
「今年も味彩御膳の選べる主菜に鮎の柔らか煮と
富山の白海老のかき揚げが始まりました」
と言う内容でした

このSTEPが発行なり最初の一週間が先週でした
するとそれまでイマイチ人気に欠ける
鮎の柔らか煮の人気がグッと上がりました
STEPがこの知多地域の紙媒体としての
浸透性の強さを再認識したエピソードでした

そんな人気急上昇の主菜
「鮎の柔らか煮」は鮎を2時間程
煮込み中骨まで軟らかくなっているので
頭だけ外してもらいあとは筒状に
切って食べれる逸品です
そんな「鮎の柔らか煮」を
今年も100円offの
1200円で提供中です

是非なじみの薄い鮎を
食べてみる絶好のチャンスです
一度ご賞味下さい



登場です
2011/08/20 15:40
100921_1146331.jpg
今年も
「いつも食べている物と
違う物を食べてみたい」
と考えの方に大変好評の
「秋刀魚の肝醤油焼」
が登場です
なかなか他の店では
食べる事の出来ない逸品です

Simple is best
2011/08/17 19:23
110812_0800501.jpg
勢いで既に
頭と内臓を取り除いた
後でしかも一匹は逆に
成ってますがこれは
真鯖の写真です
大きさはなんと1キロオーバー
ここまでの大きさの鯖は
珍しいです
しかもプクプクに肥えて
脂が乗りとても美味しいです
食べ方は大道の
「〆鯖」
ですがこの食べ方が1番です


王国ですから
2011/08/07 08:44
110803_1846121.jpg
去年からお出ししている
「無花果の胡麻擦り流し椀」
の登場ですがまだまだ
イレギラーです

愛知は「無花果王国」
と言われる位の産地なので
無花果を使った羊羹やワイン
ご当地ランチパック迄有りますが
今年はJAと寿司組合が
開発したのはなんと!
「無花果寿司」
です詳細は
軍艦か握りか解りませんが
確か豊川の寿司屋さんで
食べれるかと思いました

古里
2011/08/04 19:32
110730_0829201.jpg
先日、載せた松茸に続いて
「もろこ」の入荷です
昔はたんぼの水路に
泳いでいたそうですがそんな
水路も無くなり今じゃすっかり
絶滅危惧種です
でも養殖もおこなわれていて
安定して入荷するはずですが
養殖所が関東にあ事から
震災の影響で3月から
入荷が有りませんでしたが
今日入荷しました


速報
2011/07/29 08:47
110729_0845351.jpg
今日から味彩御膳のご飯が
「松茸ご飯」
に成ります。

ようやく
2011/07/07 06:27
110702_0752571.jpg
今年、初の「時知らず」の入荷です
震災の影響で今年は食べれない
と思っていましたが
北海道経由での入荷です

大物です
2011/07/06 14:59
110625_074254.jpg
いつもの釣り好きのお客様が
今度はアイナメを釣って
持って来てくれました
どれも36センチオーバーの
大物です
いわゆるビール瓶クラスですね
アイマメは関西では
油目(あぶらめ)
と呼ばれますが淡泊な白身魚です
三枚おろしにするのに
ちょっとしたコツがいり
知らずにおろすと
とんでもない量の身が骨に
残る事になり
後悔します
おろした後も腹骨は途中から
骨抜きで抜かなくちゃいけないし
血間骨も長いので
鱧の様に骨切りをするか
頑張って抜く事に成ります


秘密兵器
2011/06/27 16:53
110623_2118231.jpg
富山の白海老のかき揚げを
注文されたお客様によく
「どうやって、こんなに
綺麗に揚げるんですか?」
と聞かれますので
ネタばらしをすると
揚げる時に写真の筒を油に入れて
かき揚げの具を入れます
すると具が油の中で広がらずに
筒の中に留まるので
あのような円柱型に
揚がるのです
家庭でも缶詰の蓋と底を
くり抜いて使うと
薄衣でかき揚げを揚げる事が
出来ますよ

力作です
2011/06/25 08:44
110614_2006521.jpg
何か良く解らない
キューブ状の
物が写った写真ですが
これが鱧(ハモ)と言ったら
信じられますか?
勿論、加工をして有りますが
その加工の工程は
自分で言うのも可笑しいですが
涙ぐましい努力の結晶です

まず鱧を買ってきて、おろして
骨切りをする迄は
普通の鱧と替わりは無い
のですがこの後は
ミンチ状にして
ソボロを作る要領で練り上げ
ゼラチンで固めています

何に使うかと言いますと
お茶漬けにします
正直、言いますと
お茶漬けにするには勿体ない程
手間の掛かっている
料理です
会席料理にお出ししてますが
鱧の入荷が不安定なので
いつまでやれるかは言えない
逸品ですので宜しくお願いします

1 / 21
←prev next→