Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
スポンサーサイト
2012/06/17

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年も
2010/11/02 06:37
101029_16184411.jpg
またまたですが
秋になり
鯖が美味しくなってきました
そこで去年も好評でさた
「鯖の押寿司」
の登場です

言うまでも無く今年も好評です
1本2000円で
販売しています
予約承ります



ご注文承ります
2010/11/01 01:14
Image6731.jpg

Image671.jpg
今年も「おせち」をやります
大きさは7寸(21センチ)
二段で料金21000円
です
内容はこの小さく写りの
良く無い写真を見てください
て、無理ですね
内容も一部変更になりますので
またブログに載せますね

では
「限定30食」
なのでご注文はお早めに

完成
2009/12/31 11:38
Image673.jpg
写りが良くないですが
おせちの「一ノ重」
です

そして



Image671.jpg
「二ノ重」
です


さらに



Image670.jpg
パッケージです


ここ何年かの間に
「おせち」
も日本料理だけでなく
洋風や中華風と
様々な物が
出回る様に成りましたが
どうなんでしょう?

ちゃんとお祝いに
因んだ料理に
成っているのでしょうか?
和風おせちでは
数の子→子沢山
海老→長寿
くわい→釣鐘
黒豆→まめに働けるように
といった具合に
全ての料理では
無いものの
意味が有ります

そもそも「おせち」は
とし神様を迎え
祝う為の料理で
神様は台所に宿ると
言われるので
神様の居る台所を
騒がしては失礼
との考えで
保存が出来る料理を
詰め合わせた
料理です

なので味が濃いものが多く
昔は贅沢品だった
砂糖を多く使った
甘い料理が多いのです


なのに
「おせち鍋セット」
と言う物を出している
店も有りました
こうなると
おせちの意味が無いですね

これも時代の流れなんでしょうね
なにか寂しい気になります

おせち2
2009/11/14 08:31
Image671.jpg
予約は12月20日迄、承りますが
30食に達しますと終了しますので
ご予約はお早めに

おせち
2009/11/14 08:27
Image673.jpg
今年も30食限定の予約販売で
「おせち」
を作ります

おせち
2009/01/24 08:38
Image670.jpg
完成です

二の重
2009/01/24 08:37
Image673.jpg
煮物が中心です

一の重
2009/01/24 08:34
Image671.jpg
酢の物を中心に珍味が入ります

鯖寿司
2009/01/14 14:48
Image664.jpg
この様にして竹かわに包みます

鯖寿司
2009/01/10 10:05
Image663.jpg
おせちに使う物と単品で売るものと有りますが
全部で24本作ります
鯖が黄色く見えるのは上に乗っている白板昆布の色です
この昆布を食べたり食べなかったりと好き嫌い有りますが
高級食材です
年々、生産量が少なくなるのか毎年、値上がりしてます
スタッフのなかでは
「鯖が無くても昆布と寿司飯だけでも美味しいです」
と言われるひと品です